サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

久坂葉子作品集 女

久坂葉子作品集 女 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

再び読まれるべき作家

2011/04/17 08:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

『久坂葉子作品集 女』(六興出版)を読んだ。
『百年文庫1』から久坂葉子を追ってきたが、今まで、
読んだものもこの本には含まれているので、
「入梅」と「灰色の記憶」の2つだけを読んだ。
「入梅」はフィクションで、
「灰色の記憶」は私小説である。
「入梅」はそれなりに完成度が高い。
10代の時期にこれだけのものを書いたということは久坂葉子に才能があったことを示している、と思う。
でももっと、印象に残ったのは、「灰色の記憶」だった。
以前読んだ「久坂葉子の誕生と死亡」は久坂葉子というペンネームを使ってからの自伝的な作品だったが、当然、それは、比較的短い期間についての話だった。
一方、「灰色の記憶」は、生まれてから20才くらいまでの、
比較的長期に渡る自伝的な作品だ。
久坂葉子は「女太宰治」と言われていたこともあったそうだが、
太宰とは少し文体が違う、と思う。
もし、彼女が生きていたら、彼女は長編を物したのではないか、という文体の筋肉のようなものがあると思う。
太宰は長編も書いているが、文体的に明らかに短編に向いた作家だったと思う。
それよりも久坂葉子は「息の長い」文体をしている、と思う。

「灰色の記憶」は今まで読んだ久坂作品の中で一番、読み応えがあった。
今の日本で久坂葉子がどういった評価を受けているのか、
僕はまったく知らないが、再びもっと光が当てられるべき作家だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示