サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

SAS/イスタンブール潜水艦消失(創元推理文庫)

SAS/イスタンブール潜水艦消失 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

プリンス・マルコ・シリーズの第1作

2005/04/14 16:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ビンラディンの剣」でプリンス・マルコ熱が再発し、前に読んだ中で特に気に入ったものを、本棚の奥から引っ張り出して、再び読む事にした。本書は1965年のシリーズ第1作。
舞台は東西冷戦時代、トルコのイスタンブール。黒海とマルマラ海を結ぶ交通の要衝、ボスポラス海峡を臨む。マルマラ海で演習中のアメリカの潜水艦が、突然消息を絶つ。国籍不明の潜水艦−おそらくソ連の潜水艦−に撃沈された可能性が濃厚。だが、ソ連の潜水艦が、トルコの厳重な監視をくぐり抜け、黒海からボスポラス海峡を通って、マルマラ海、ひいては地中海に出る事に成功したのだったら一大事。CIA は真相究明のため、マルコを現地に派遣する。
本書はシリーズ第1作だが、後の作品に比べておとなしすぎるという理由で、創元推理文庫ではわざわざ二番手に位置づけられている。だが私は、セックス&バイオレンス過剰の後の作品よりも、本書の方がずっと好きだ。まず、地政学的に興味深い舞台設定にそそられる。そして、謎解きのおもしろさと、スリリングかつユーモラスな話の運びを、存分に楽しめる。ハッピーエンドに若干の影をさす、意外なオチも印象的。
また、本書ではキャラクターたちが、特に生き生きとしている。マルコのいかにも貴族らしい、おっとりとした魅力がよく出ている。火の玉のようなベリーダンサー、ライラは、本シリーズで私がいちばん好きなヒロイン。後にマルコの個人的な右腕となる、ちょっぴり頼りない殺し屋のクリサンテムに、腕っぷし面でマルコをサポートするCIA のゴリラ・コンビ、ジョーンズ&ブラベックと、準レギュラー・メンバーたちの活躍も楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示