サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 幻の悪魔
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

幻の悪魔(角川文庫)

幻の悪魔 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

可もなく不可もなく

2005/04/16 00:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリの流行が変わってきて、いわゆる社会派推理小説が全盛の時代、『刺青殺人事件』をはじめ数々の傑作本格ミステリを発表しつづけ、名探偵 神津恭介を創り上げた作者も時代の波には抗しきれず、流行に合わない神津恭介を封印、食べるために検事や弁護士を探偵役にしたミステリを書いたと、どこかで目にしたことがあります。
本書はそんなミステリの一冊、検事の霧島三郎が主人公です。
連続殺人という派手(!)な事件を扱っているにもかかわらず盛り上がりに欠け、ミステリとしても可もなく不可もなく無難にまとめたな、という印象。そんな中にも、小道具の使い方などあちこちに本格ミステリの匂いが漂い、それが作者の意地のように見えてうれしくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示