サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

SAS/イランCIA対マルコ(創元推理文庫)

SAS/イランCIA対マルコ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

時代遅れで人にはお薦めしにくいが、最も好きなプリンス・マルコ物

2005/04/14 16:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ビンラディンの剣」でプリンス・マルコ熱が再発し、前に読んだ中で特に気に入ったものを、本棚の奥から引っ張り出して、再び読む事にした。本書は1965年のシリーズ第2作。
舞台はイランだが、パーレビ国王の暗殺を防ぐ話と、ものすご〜く古い。私が本書を最初に読んだのは1979年の年末だが、その年早くにイスラム革命でパーレビ王制が打倒されており、その時ですら時代遅れに感じた。今では隔世の感があり、人にお薦めするのは気が引ける。それでも、物語としてはとてもおもしろく、プリンス・マルコ物で私が最も好きな話の1つ。
クーデターを企てているのは、現地のCIA 責任者と秘密警察長官。マルコは、親米ではない中立国で、現地の権力者を敵に回し、孤立無援に近い戦いを強いられる。さすがのマルコも、前作「イスタンブール潜水艦消失」のような余裕はなく、話がずっとスリリングになっている。特に、終盤のサディスティックな秘密警察長官との対決と、クライマックスの“空中戦”の迫力は圧巻。
また、政治情勢は時代遅れでも、風俗描写は興味深い。特に印象的なのは、いつもファルダ(明日)と答えて、露骨にノーとは言わないが、決して首を縦に振ろうとしない文化。また、パーレビ時代のイラン女性が、かなり開放的だった事もうかがえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示