サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ガールハンター(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ガールハンター みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

祝!復活!!でも・・・

2005/05/22 08:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作「燃える接吻」から十年ぶりに復活したマイク・ハマーのシリーズ七作目。
リアルタイムで読んでた人には、待ちかねていた一冊だったのではないでしょうか。
しかし、待ち望んでいたマイク・ハマーは、十年前のマイク・ハマーとは別人のように変わっていた。飲んだくれのアル中患者、昔の姿は見る影も無い。友人だったパット・チェンバース警部にも見放され、瀕死の病人のような状態。いったい何がハマーをこんな風にしてしまったのか?
ここで驚くべきことが明かされる。秘書であり恋人でもあったヴェルダが七年前に事件の調査中に行方不明となり、すでに死んでいると思われたから。シリーズをズッと読み通してきた人には、けっこうショックなのでは。
ただ、このショックも物語のはじめのほうで早々にやわらいでしまう。ある男の言葉から、ヴェルダがまだ生きていて、自分の助けを求めていると知ったハマーは、国際的な殺し屋集団に立ち向かっていく。昔の自分を取り戻すことを誓いながら。
絶望から立ち直る男、昔の自分を取り戻そうとする男という題材は、小説的にはおもしろい。本書でも、苦しみながらも少しずつカンを取り戻していくハマーを応援したくはなる。が、マイク・ハマーには似合わないように思う。時折もらす「七年前のオレだったら」とか「昔のオレとは違っている」などのセリフも、ハマーの口から聞きたくなかった。ハッキリ言って、こんなマイク・ハマーは見たくない。マイク・ハマーはタフで暴力的、何があっても弱音を吐かないからこそ、マイク・ハマーだったのに。
一度こう思ってしまうと、愛した女のためとはいえアル中だったのが簡単に酒をひかえて立ち直ろうとするのもシラジラしいし、瀕死の状態から復帰したばかりの男にたやすくノックアウトされる世界的に名の通った殺し屋というのも情けない。ご都合主義のところばかり目に付いてしまう。
シリーズ次作では、昔のマイク・ハマーが戻っていますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示