サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 乱紋 下
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

乱紋 下(文春文庫)

乱紋 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

女たちの蠢く葛藤に支配された歴史の舞台裏

2004/11/23 07:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RinMusic - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻で表面的とはいえ辛うじて存在した姉妹の絆も、下巻ではすっかり軛(くびき)に変わってしまう—太閤亡き後もその権勢に生きるお茶々、そして秀忠の嫁として三度目の輿入れを命じられたおごう、両者の力関係を見極めながら巧みに処世せんとする京極家のお初。大阪・夏の陣に至る史実は周知の通りであるが、筆者は女の「性」を物語の中心に据えて、女の深層にある欲望や弱さといったものを見事に操作しながら、歴史を舞台裏から描いている。象徴的なのは、<いったい誰が勝ち、誰が負けたのか…>という女の葛藤に苛み続けるお茶々の土壇場に際する、「まだ勝っても負けてもいないから、おやめになることですわ」というお初の冷たくも高らかな勝利宣言。しかし、この物語は些か、おごうを奇特な人物として描きすぎている印象を拭えない。それは「ちくぜん」の出来すぎる最期からも感じられる—おちかを呼び寄せた「ちくぜん」は、自分が同郷の浅野家の人間だったことを明かして目を閉じる。これが歴史小説におけるフィクションの面白さなのは、もちろん言うまでもないが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/21 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/03 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示