サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

日本文学のなかへ

日本文学のなかへ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

雨に万斛(ばんこく)の思い。

2009/07/10 13:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう梅雨時の鬱陶しい時期だと、雨もいやですが、それより何より、
雨がやんでも、もあっとして、まるで黴(かび)が生えるのを待っているような気分は何とも萎えますね。おっと、こういうときにこそ「言葉」があるわけで、梅雨を楽しくしてくれる逆転の発想をどこかに提供していてくれているはずです。さて、いったい、それがどこにあるのか。
たとえば、ドナルド・キーン著「日本文学のなかへ」にこんな箇所があります。
と、雨のことを引用するまえに、れいによってその前振りから、引用してゆきましょう。
ドナルド・キーン氏の恩師に角田柳作先生がおられます。
その先生を語った箇所なのです。
以下は引用。

1941年12月7日、真珠湾攻撃の日は、ニューヨークでは日曜日だった。・・
翌日の昼・・教室に出ると、かつて講義を欠かしたことのない角田先生が、いつまで待っても教室に姿を見せなかった。敵性外国人として抑留されたと後にわかったが、そのときの無人の教壇が、戦争についての私の最初の実感であった。
いざ日本と戦うことにはなったが、日本語の読み書きのできるアメリカ人は50人くらいしかいないと聞いた。私も、あるいは50人の中に数えられているのかもしれない。折りから海軍の語学校が日本語の基礎知識のある若者を求めていると聞いたので、経歴を書いて送った。


  こうして海軍語学校に入ったドナルド・キーン氏であります。


語学校は、そのころ、ちょっと奇妙な世界の中に埋没していた。私たちの周囲の社会は戦争一色だが、語学校だけは不思議なほど戦争に無縁で、ひたすら日本語を覚えることに没頭できた。日本語を私たちが覚えることと戦争遂行の間にはどんな関係があるかは、全然と言っていいほど念頭に上らなかった。全米に軍服が氾濫していた時代だが、私たちだけは軍事訓練も受けず、ひたすら日本語の世界に沈潜していたのである。・・・入学当時は、いくら勉強しても日本語をマスターなど出来るはずがないと考えていた。それが、連日の特訓が稔って、いつのまにか簡単な会話くらいは可能になった。過って他人の足を踏んだときなど、生徒同士でも、英語より日本語が先に「あ、ごめん」と、自然に出るくらいまで上達した。・・・
毎週火曜日だったと思うが、私たちは日本映画を観た。開戦時にカリフォルニアに来ていたのを押収したものだろう、字幕はなく、時代物も現代物もあったが、俳優では田中絹代や佐分利信が記憶に残っている。最初は筋も会話もさっぱりわからず、ある映画の中で門番が道路に出てタクシーを停めるシーンがあり、そのとき叫ぶ「タクシー!」だけがわかって、満場拍手したことがあった。だが映画も、何度も同じものを観ているうちにわかり始めた。もちろん、第三者として日本語の会話を聞いているのだから、妙なところが気になった。ふつうならハイと言うところを、佐分利信はよく「ええ」と言うのに気がつき、ハイとハァとええの差を考えたりもした。日本人なら気にもとめないはずだが、私たちは日本語という未知の世界に、少しでも手がかりを求めていたのである。

  さて、お待ちどうさまでした(笑)。映画を語るなかに、ようやく雨が出て来ます。


橋は劇的で、雨は長いと、相場が決まっていた。・・・日本のカメラマンは長々と雨のシーンを写した。しとしとと雨が降り、水たまりが出来、さらにそこへ雨が降り込む。日本人が雨に万斛(ばんこく)の思い入れをするのが、よくわかった。日本人の観客なら、筋や人物の面白さに気をとられて、そのような細部にまでは注意が行きわたらなかったに違いない。だが私たちは、かえって、どんな細部をも見逃さなかった。・・・・・
映画の鑑賞が、日本語の勉強にどれほど役立ったかは疑わしい。しかし、日本人が映画をつくるとき、どういう点にポイントを置くか、観客がどういうことに感動するかはよくわかった。教室では呑み込めない日本人の生活感覚や芸術観を、映画でつかんだのである。


 「雨に万斛の思い入れをするのが、よくわかった」というのですが、
  いまこちらでは、その梅雨時の雨が止んでいます(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示