サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

会社の人事 中桐雅夫詩集

会社の人事 中桐雅夫詩集 みんなのレビュー

第18回藤村記念歴程賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

手に出来て、こんなに嬉しい本はない。

2002/02/26 18:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 どうあがいても歯が立たない本に目を通すとき、私は「詩」として読みます。まるで、「分からない物」の代名詞みたいな扱い方をしている「詩」ですが、こんな私にも、素直に「好き」だと思える詩人がいます。彼の作品だけは、共感できるのです。それは、中桐雅夫さんです。

 1979年に刊行された本書が、今でも手に入るなんて思ってもみませんでした。かれこれ5年近く、古本屋を探してきたのです。どうしても手に入らなければ、図書館から借りて書き写そうかとさえ思っていました。なのに、手に入ったのです。

 図書館の黄ばんだ本でしか、彼の作品を読んだことが無いので、インクが薫るまっさらな本書を開くとき、心が震えました。「やせた心」や「日課」など、彼を好きになるきっかけになった詩が、惜しげもなく収められていました。でも、一番心に残っている彼の作品は、本書に収められていませんでした。

江ノ電
戦死した友人
その友人が好きだった蜜柑
その蜜柑を見つめる彼

そんな詩です。ずっと探していた本書を手にして、かえって欲が出ました。少し高価な書籍ですが、『中桐雅夫全詩』(ISBN:4-7837-2289-7)を読んでみようかと、迷っています。

 作者が亡くなっても、作品は人の心を打ち続けることを、実感させてくれる一冊。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/01 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示