サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

hontoレビュー

ポオ 詩と詩論(創元推理文庫)

ポオ 詩と詩論 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

鴉の詩人

2005/03/04 18:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文豪ポオの詩および詩論を集めた全集です。ポオというと、どうしても「モルグ街の殺人」に代表される探偵小説に目が行きがちですが、詩人としてもまた有名です。
 わけても緻密な構成で知られる「鴉」が代表作という事になるのでしょう。詩というのは、その詩が書かれた言葉(この場合は英語)で読まないと、良さは理解しにくいものです。しかしこの詩集では、翻訳者の方々がそういった微妙な点にも配慮していたようで、日本語でありながらも、ポオの詩が持つ不思議な魅力を感じる事ができます。
 後半の「構成の原理」では自らの詩「鴉」を分解し、ロジカルに詩を作成していく筆者の詩作方法を紹介しています。続く「詩の原理」では、古今東西の詩の中から筆者の御眼鏡に叶ったものを取り上げつつ、ポエムのセオリィを論じています。
 最後に掲載された「ユリイカ」は、ポオが持っていた物理的・精神的宇宙観を描いた論文で、これが圧巻です。ポオの想像力、そしてそれをレトリカルに叙述する筆力は相当なものだった事が分かります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/13 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示