サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

hontoレビュー

うらしまたろう

うらしまたろう みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

昔話の定番

2017/01/19 15:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

浦島太郎が、助けた亀は乙姫様だった。そして竜宮城へ連れて行かれて、楽しく暮らすうちに村が恋しくなり、乙姫様が引き止めるのも聞かず帰った後は……。
おなじみの昔話。娘の感想は「開けたらアカンって言われたのに、開けはった。アカンなあ」でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たとえばウェルズの『タイムトラベル』を読んだあとに、日本画の大家による「時の旅人」の絵本を楽しむ。

2001/04/08 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本というのは1冊ごとに楽しむのもいいけれど、同じテーマやジャンルのものを何冊かまとめて読んでみると、1冊ずつが立体的になり、内容が面白い位相で見えてくるということがある。

 ジュール・ヴェルヌとともにSF小説の創始者と言われるウェルズの『タイムマシン』を読んだ。その解説に「時を超える話」として「うらしまたろう」が出ていて、なるほどなと思った。
 タイムマシンは、自分で操作して過去や未来に出かけていくわけだから、偶然に竜宮城に連れて行かれて帰ってきたら何百年も経ってしまっていたというお話とは成り立ちがちがう。
 読み比べるということではないが、そんなきっかけから連鎖的に手にしてみたら面白かった。
 何かこう、頭の中にある時間軸が影響を受けたような不思議な感じがした。うまく言い表わせないで残念だけれど、自分がよって立つ現実的な時間の流れに対して、いろいろとインスパイアされるような…。

 お話は、よく知られているオーソドックスなもので特筆すべきはない。

 子どもたちにいじめられていたカメを助けた若者の前に乙姫さまが現れて「助けられたカメは私、竜王の娘だった」と告げる。お礼がしたいからとカメに乗せられて竜宮城へ行き、夢のように楽しい接待を受ける。乙姫の婿となって楽しく暮らすものの、故郷が恋しくなった男は、帰ると言い出す。すると、おみやげに玉手箱を持たされて…。

 くせがなく読み聞かせしやすい言葉のリズムで再話されている。

 福音館の絵本の特徴は、大学ノートと同じB5サイズがヨコ型の見開きになっているということ。ワイドな画面は、画家の力量が試される。

 秋野不矩の水彩画は、海の伸びやかな広がりを感じさせるさあーっとした筆致である。この世が地味なアースカラーで描かれているのに対して、竜宮へ舞台が移るとはんなりとした紅色や黄色が中心となり、その対照が見事だ。

 今のお母さん、今の子どもたちにとっては渋すぎるかなあという気がしないでもないけれど、昔ばなしだもの、こういうおもむきの絵柄で子どもたちに伝えたいと思う。

 昔ばなしの中には、平坦で退屈なものもあるけれど、これはやはり面白いお話だ。
 たとえば、この玉手箱って何なのだろう。男が乙姫さまの忠告通り開かずにいたら、三百年後の世界で男は幸せに暮らすことができたのだろうか。
 ギリシア神話のパンドラの箱のように「禁忌」の象徴なのだけれど、長い時間が経ってしまうということは、そもそもどんな意味があるのだろうか。考えていくと尽きないことばかりだ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/27 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/28 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/01 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/18 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/08 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/11 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/29 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/18 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/20 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

13 件中 1 件~ 13 件を表示