サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

hontoレビュー

ドガ

ドガ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

絵をみる

2012/04/01 11:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドガの展覧会を何年か前にみた。

たしか、横浜美術館にみにいったのだった。

横浜美術館はなかなか好きな美術館だ。
駅から近いし。

そこで、展覧会をみて、絵葉書をかった。
だいたい、展覧会にいくと、
絵葉書を三枚かう。

新潮社のこのシリーズは
薄い新書くらいのサイズの
画集だ。

お金をたくさんかけているわけでもないから、
絵の再現がとてもすばらしいといえるわけではないけど、
(たの出版社の画集とくらべて)、
このサイズでこの価格でよめるのはとてもありがたい。

視覚的なものに
ぼくじしんがもどっていっている。
そのことは前に書いた。

言葉で表現するのでなく、
言葉は口から口ではなすものとして、
それよりも目でみるものは、
絵や写真。

そうして、耳からあるいはぜんしんで、
音楽をきく。

ネット全盛のいまの時代で
デジタル文字を強制的に読まされる時代で、
ぼくは小説をよむことにつかれ、
もっと視覚的な表現にひかれる。

でも個人的につながりのあるひとの
小説はちゃんとよめるから、
いわゆる「作家」という人種への
へんなあこがれみたいなものが
なくなったのかもしれない。

作家じゃないと生きていかれない。
大学を卒業してから、
ぼくは無意識でそういう生き方をしてきた。
いま、そこから、
自由になって、( Be free!!)、
ぼくはぼくじしんに、
かえっていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/26 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示