サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

きまぐれ博物誌 正(角川文庫)

きまぐれ博物誌 正 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

思い出話、プライベート、仕事、小説、社会、未来。さまざまなことをあれこれ語るきまぐれエッセイ集。

2011/10/13 16:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昭和四十三年から四十五年に書かれた星新一のエッセイ集。『きまぐれ星のメモ』に続く第二弾。
 文庫本にする際、量が多いため『きまぐれ博物誌』と『きまぐれ博物誌・続』の二冊に分けたそうだ。

 本書は気の利いた一文で始まる。
「ことしもまたごいっしょに九億四千万キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。これは地球が太陽のまわりを一周する距離です。速度は秒速二十九.七キロメートル。マッハ九十三。安全です。他の乗客たちがごたごたを起こさないよう祈りましょう」

 これは、星新一が友人たちに宛てた年賀状の文面。
 年賀状はデザイン重視にしてしまいがちだが、こういうユニークでユーモラスな文面重視の年賀状もよさそうだ。

 いきなり心を掴まれることで始まった本書は、思い出話、プライベート、仕事、小説、社会、未来、とにかくさまざまなことについて語られていて、ひとくちに特徴を言いづらい。
 あえて言うなら『きまぐれ』である。

 そんな58のきまぐれエッセイの中から、印象に残ったものをピックアップ。

【習字】
 大学生の頃、ノイローゼになった星新一。
 意を決して医者を訪ねると、毎日かかさず習字をしなさいと言う。
 実行した結果、症状が軽くなったそうだ。
 雑念を払う作用が良かったらしいと述懐。
 情報が氾濫して、ながら作業をしがちな現代も、一つのことに集中する時間が必要のように思う。

【新しい妖精】
 星新一は独身の頃に、『ピーターパンの島』(『悪魔のいる天国』に収録)という作品で、合理性だけが世を支配し、妖精や怪物など想像の産物が一掃された世界を描いた。
 やがて結婚し、娘ができた。そして五歳のある日、ラジオを聞きながら言ったという。
「このなかに、おじいちゃんがはいっているの」
 またある時、テレビを見ながら言った。
「あのガラスをはずせば、むこうの世界へ行けるの」

『ピーターパンの島』を書いていたこともあって、かなり驚いたらしい。
 そして星新一は、娘の言葉に、事実を理解させるには、どう答えたらいいのか、真剣に悩む。
 大抵、笑って済ませるところなのだが、生真面目すぎるというか、夢がないというか。
「『ピーターパンの島』そのままじゃないか」
 と著者に問いかけたくなった。

【官吏学】
 以前、星新一は、父・星一と官吏との長い争いを『人民は弱し官吏は強し』に描いた。
 私は、その官吏の理不尽さと執念深さに、恐れと怒りを抱き、星一の奮闘に昂ぶりを覚えながら読んだ。
 ところがである。
 このエッセイでは、「十年以上に渡って官吏と争った父のエネルギーはどこからきたのか」と考察しているのだが、官庁を相手に争うことが、一種の趣味になっていたのかもしれない、というのだ。
 星一は、官庁と争っている時期に、彼らと闘うために四巻計4500ページに及ぶ『官吏学』を、『官吏学摘要』という1300ページのダイジェスト版としてまとめた。
 しかも、それを相手の官庁に配ってまわったというし、朝は楽しげに起きていたという。
『人民は弱し 官吏は強し』で覚えた感情が、少ししぼんだ気がした。

【人物描写】
 人物描写をほとんどしない星新一だが、そもそもの始まりは、
「アメリカのミステリー短編にあるような、ストーリーによって人間性のある面を浮き彫りにできるはずだ」
 という考えかららしい。
 しかし、いささか突っ走りすぎ、すなわち人物描写に反発するあまり、主人公が点と化してしまったとのこと。
 でも、それが魅力なんだよなぁ。

【平和学】
 星新一は、戦争の概念すら一掃した世界を『白い服の男』(『白い服の男』に収録)で描いた。
 このエッセイで星新一は、「極端すぎるかなと思ったが、戦争をなくすには、他に方法はない。人は戦争についての知識を子孫に伝えるべきではない」と語る。
 しかし、そうだろうか。
 星新一は、「病気反対、健康」と祈るだけでは無意味なのと同様に、「戦争反対、平和」と唱えるだけでは平和はやってこない、とも言っているが、戦争の概念を一掃したとしても、戦争はなくなるとは思えない。
 戦争は、それに関する情報を得たことで起きるのではなく、人の怒りや欲望の結果だと思うのだ。
 つまり戦争はなくならない。
 結局、一生つき合っていくしかない不治の病と同様に、それを抑制するよう嫌戦のムードを高めるしかないのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/18 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示