サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

まざあ・ぐうす(角川文庫)

まざあ・ぐうす みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

血の香りがふと漂う童謡

2006/10/19 19:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マザーグースを北原白秋が訳した詩集。

 マザーグースで何を思い出すかというと 僕は アガサクリスティーを思い出す。「そして誰もいなくなった」を代表として 彼女の探偵小説のいくつかは マザーグースから題材に取っている。

 つまり それ程 マザーグーズの詩には 血なまぐさがあると言って良いかと思う。

 実際「こまどりのお葬式(ともらい)」あたりを音読してみると それが良く分かる。言葉は呪文の様だ。こんな唄を聴かされれば 犯罪が起こらないほうがおかしい気がしてくる。グリム童話もそうだが 子供向けの話は そもそも残忍さが満ちているものが多いのが欧州の伝統のような気がする。

 それにしても 白秋の訳は比類なき名訳である。マザーグースも日本では 訳者に恵まれた。そう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/07 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/14 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/12 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/27 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示