サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 幻の殺意
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

幻の殺意(角川文庫)

幻の殺意 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

酷薄な幕切れの「ノワール」

2016/02/05 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩漬屋稼業 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の息子が殺人容疑者として逮捕される。殺されたのはヤクザだ。
 黙秘する息子が殺人犯だとは信じられない父は真相を究明すべく、殺されたヤクザ者の足取りを追って夜の盛り場を歩く。
 技術職のサラリーマンにすぎない父親が、ヤクザ相手にもクールに対応し、プロさながらの探偵ぶりを発揮するのに違和感を持ちつつ、しかし時代背景を加味すれば、この父親は戦争帰りの中年男なわけで、人殺しや暴力は日常茶飯な感覚だったのだろうか。そう思うとこの頃の日本には街中に殺人経験者がごろごろ居たのだともいえるのですな。
 さて、物語は、平穏な日常を自ら掘り崩していくかのような、探偵としての手腕が自らの墓穴を掘っていくかのような展開の果てに実に暗黒な結末を迎える。このときの主人公の崩壊感は絶妙にして見事。
 絶望のサラリーマン・ノワールでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示