サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

秘剣・柳生連也斎(新潮文庫)

秘剣・柳生連也斎 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

ヘンテコ大行進

2008/06/25 00:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦国時代というのは、言ってみればそれまでの封建制度が一切崩れて、次の体制が生まれるまでの過渡期であり、そこには人間としてもずいぶん個性的な人達が現れた、というよりも、ある種の人達に能力を存分に発揮できる場を与えた、ということのようだ。その一つが剣の達人という人々で、例えば芥川賞受賞作「喪神」に登場するのは、自分でも覚えの無いうちに相手を切っているという達人なのだが、現代人が想像してそのくらい変なら、実際にはもっと変な奴がたくさんいたに違いないのだ。
この作品集に登場するのは、実戦から様式美、精神性重視への移行を先取りした居合いの達人や、相手の親指を切り落とす小手の名手、妖刀を鍛えた刀鍛冶などが登場する。それに猿楽能から手裏剣に転じた男と、長尺の使い手佐々木小次郎の友情、これも奇妙な、時代に咲いた徒花か。猿飛佐助、脇役だが宮本武蔵。これらの開花した異能が、やがて大大名の、それから徳川幕府支配の中で、また押さえ込まれようとしていく。為政者側も元はいくさ人であるから、これらの個性を大事にし、活用したいと考えるが、世の移り変わりの中では難しい。他の家臣達も、同情と嫉妬の感情の間で揺れる。本人も野放図に生きられた時代から、自ら牙を矯めて生きるべきか、あくまで我流を通すべきかの葛藤が生じる。自分で内に秘めて押さえ込めればいいが、そのはち切れんばかりのパワーは少しずつ染み出していって、周囲を巻き込む悲劇にもなる。これらの作品がそれまでの剣豪小説と違うところは、一人の剣豪を軸にした、そういう組織自身の葛藤、成立過程において抱え込んだ矛盾が描かれているところになるのだろうか。
昭和30、40年代に人気があったこれらの作品は、戦後の体制破壊の時代から資本主義の枠組みが強化されていく時代への移り変わりにおいて、カイシャの中で爪をもがれていく自分、誰かの自由を縛っている自分に重ね合わせる部分を感じたように思える。
異色作として「一刀斎は背番号6」があって、田舎で剣の修行をしていた男が東京に出てきて野球選手になるというお話。達人であるからもう次々にホームランをかっ飛ばしてヒーローになる。これをもってして、いかに剣豪というのが超人的な能力を持っていたかが分かろうという、というようなことはまったくない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/08 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/10 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示