サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

怪奇小説集(講談社文庫)

怪奇小説集 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

4度目の再読

2017/05/24 21:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、週刊新潮に連載していたようで、遠藤氏の霊体験実話、幽霊屋敷突撃ルポ、妖怪話、呪い、予知夢、人間の業(強欲、弱さ等)等の様々な作品を集めた15編の短編集です。
 文豪の遠藤周作氏が怪談を書いていること自体が意外でしたし、中でも幽霊屋敷ルポ企画は昭和40年代当時としては画期的な企画だったのではないでしょうか。また冒頭の「三つの幽霊」では吉行淳之介、柴田錬三郎、三浦朱門、曽野綾子が登場します。錚々たる顔ぶれで、遠藤氏の文筆家仲間との交流が垣間見ることができたのも面白かったです。

 実は、今回、4度目の再読です。初読は高校生の時で、年齢とともに、印象に残る話が変わっていくのが再読の醍醐味です。
 高校生の時は、霊体験実話と幽霊屋敷ルポが最も印象に残りました。今回は、予知夢に悩む主婦が、意外な形で予知夢どおりの悲しい結末を迎える「霧の中の声」です。こんな悲劇が起きないように、私も妻を大事にしなければと自戒しました。
 怪奇小説とはいえ、単なる恐怖譚ではなく、人間の深い業や因縁話等を活写するのが遠藤氏の小説の深さです。10年後、60代でまた再読しようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/22 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/25 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/29 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/18 07:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示