サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

虚無への供物(講談社文庫)

虚無への供物 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー76件

みんなの評価4.1

評価内訳

76 件中 1 件~ 15 件を表示

暗黒の混沌

2001/03/29 10:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桐矢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初めて読んだのは、18才の頃だった。その頃一人暮らしをしていたのを幸いに、ご飯も食べずに、13時間ぶっつづけで読み通した連続最長読書記録を作ったのがこの本である。
 題名からして、ぞくぞくしてきませんか?
 舞台は、昭和29年の下町、とあるゲイバア(男色酒場)。サロメを踊る少年が観客の男性に、黄色い薔薇を投げる…ところから始まる。
 まず、氷沼家の次男が背中に十文字の鞭の跡を残した裸のまま殺される。そしてその一番の容疑者と思われていた叔父が密室の中で殺される。
 登場人物たちがそれぞれ独自の推理を順番に披露していくのだが、その合間にもつぎの殺人事件が起こる。交錯する推理ゲーム。五色不動伝説。氷沼家の色の部屋と、色彩学。アイヌ奇譚。流れるシャンソン。不思議の国のアリス。存在しない薔薇。すみずみまで、読者を惹きつけ、放さない仕掛けに満ちているのだ。
 それでいて、精緻なミステリーではない。…破綻しているのだ。おどろおどろしさと、大阪弁。リアルな地理感や猥雑な風俗と現実離れしたわざとらしさ。混沌とした一切合切、…が得体のしれないめくるめくような暗黒の世界を作り出している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文学史としても面白い

2001/06/10 01:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリーの構造を逆手にとった、幅の広いエンターテイメントとなっている。

 ホームズを筆頭とした内外の推理小説作家への言及や、当時の世相を反映した背景描写も興味をそそる。しかし中井英夫の短篇を知ってしまっている人には、この作品の冗漫さはちょっと鼻につくかもしれぬ。
 「虚無への供物」が「ミステリへの供物=本作品」の暗喩と考えれば、確かに巧妙な小説には違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

反世界

2004/04/04 17:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明けの明星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『虚無への供物』を読んだときの興奮は忘れられない。そこにはなにか異常な魅力があった。最初の1行を読んだときから、読者は「反世界」に飲みこまれる。探偵小説の定番である密室や推理談義も、この「反世界」ではなにか別種のものに変容し、不思議な意味合いを持ちはじめる。中井英夫の「反世界」━━あらゆる日常的なものを転倒させた世界では、探偵小説の要素も、薔薇も、不動も、あるいは風呂場やアパートでさえ、なにか一種異様なものに見えてくる。そこでは日常的なものが、もっとも奇怪異様に見える。……中井英夫は乱歩や戦前の日本の探偵作家たちの血を受け継いでいるのだ。
この本がアンチ・ミステリーだといわれる意味は、最後になって分かる。それはまさに「アンチ」である。だが読者はそんなことを言われてもピンとこないだろう。その種の「犯罪」は至るところで行われている。それは罪悪感の伴わない無邪気な罪だ。━━そこに大きな問題を見て、立ち止まって反省するか、それとも無邪気に「あー、おもしろかった」と言うかは、結局読者の自由だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/21 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/19 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/09 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/17 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/21 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/31 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/25 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/20 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/01 05:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/11 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/16 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

76 件中 1 件~ 15 件を表示