サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

hontoレビュー

死を見つめる心 ガンとたたかった十年間(講談社文庫)

死を見つめる心 ガンとたたかった十年間 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

死は避けられない

2017/05/24 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

余命半年と宣告されて、滞在中の米国で手術を受けて以来、約10年間の癌との闘病生活を経験した宗教学の碩学が死について記した論考10編である。
 冒頭の「我が生死観」がまとめの文章として位置づけられよう。死の3ヶ月ほど前に書かれた文章であり、10編の文書を最後まで一通り読んだ後、これを再読すると著者の思いがよく伝わってくる。
 自分自身も齢を重ねるともに、東日本大震災の被災地石巻での体験や妻の父が他界したことなどを経験し、最近、人の死について身近に考える機会が多くなった。本書は貴重な示唆に富む文章群である。
 1973年発行の文庫本は2016年で42刷を数え、毎年増刷されているようだ。長い時間の中で多くの人に読みつがれている良書だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/13 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/11 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/02 08:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/30 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/15 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示