サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

熱球三十年 草創期の日本野球史(中公文庫)

熱球三十年 草創期の日本野球史 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

父のハナシを聴け

2006/04/26 18:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 たしか中公文庫から復刊された「学生野球の父」飛田穂洲の「熱球三十年」。日本の野球が外来スポーツから日本独特の競技に変容するについて、この人物の影響を無視することはできない。早稲田野球の精神的・技術的先導者で、アマチュアリズムの象徴的存在である。
 この本には、大正時代の早稲田の名選手が大勢出てくるが、プロ野球のなかった頃のこととて、今となっては彼らの名前を記憶している人は多くないだろう。忘れられかけた野球史にスポットを当てるという意味では、復刊にも意味があるだろうと思うが、なにせ六大学リーグもなかった(まだ五大学時代)頃の話ばかり、いかんせん神話か伝説を読むようでスポーツの本をひもとくときの血湧き肉躍るものがない……。ただし、早稲田野球部を陰で支えた無名の人々の逸話は面白いし、貧しい中監督を引き受けて偏見と闘ってチームを強くした飛田の回想は読ませる。
 ラグビーの大西鐵之祐もそうだけど、早稲田人の文章によくある自己耽溺的なところ(読む方の心理なんぞはまるでお構いなし)もなんだかちょっとマイナス点ではある。偉人の本についてこういう事書くと怒られちゃうんだろうけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示