サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

地図にない町 ディック幻想短篇集(ハヤカワ文庫 NV)

地図にない町 ディック幻想短篇集 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

ディック初期の短編集

2003/07/01 13:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ディックの短編の魅力は、突飛な発想と余韻を残す結末。
それがこの短編集でも存分に発揮されています。

「薄暮の朝食」…冷戦時代に書かれた話ですが、現代でも十分通用する話です。通用するような世の中であることは残念ですが。たくさんの人に読んでほしいです。

「地図にない町」…存在しない駅への切符を買おうとする男。現実のあやふやさに気づいた時に、本当に大切なものがわかったという話だと私は解釈しています。

その他の作品「輪廻の豚」、「クッキーばあさん」などにもディックらしさがあふれています。
翻訳の言葉使いが少し古いですが、それもまた味があってよいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

現代を生きる不安と憂鬱

2008/04/05 07:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cuba-l - この投稿者のレビュー一覧を見る

改めて説明するまでもないが、映画ブレードランナー(原題はアンドロイドは電気羊の夢を見るか)やトータルリコール(原題は追憶売ります)の原作で名高い作者の初期に書かれた短編集だが、本書でも印象的なのは荒廃した未来のイメージだ。
それはこの作品が書かれた頃の、東西対立や核戦争の不安と隣り合わせだった時代の空気を反映しているのだともいえるだろう。 
 
すべての話がすさんだ未来の場面や退行の予感を描いているわけではないが、どの作品にも人間の進歩や前向きな努力の裏に潜む挫折、衰弱、失意、焦燥、虚脱といった負のイメージがまとわりつく。

とはいっても暗い話ばかりが並んでいるわけではない。皮肉と時にユーモアをたたえた単純に面白いファンタジー系の読み物として秀逸であり、それが没後も人気作家として支持を得ている理由でもある。
 
本著の「森の中の笛吹き」などは絶えざる競争と努力を積み重ねてきた「まっとうな」人間たちが、あるとき自分は植物になったと信じて社会的な義務を放棄して静穏に暮らすようになる話だが、常にアドレナリンを放出して目標を掲げては前向きな努力と前進することを唯一の善とするような現代社会においても、十分なアイロニーと魅力を放つ。
 
だから、この短編集はかつての東西対立や核戦争不安のあった時代雰囲気を色濃く反映させながらも、諸作品にまたがる通奏低音のようなイメージの連鎖が、現代を生きる私たちを覆う不安と憂鬱をも貫いて響いてくるようだ。
  
ディックの描く荒廃した都市や日常の光景に私たちが見るものは、現代社会に疲弊した私たちの不安と減速願望の写し絵なのかも知れない。
 
疾走する現代社会に疑問を持った人や疲れた人にもぜひ一読を勧めたい。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/03 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/22 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/20 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/06 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/10 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/27 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/23 06:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/21 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示