サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

望郷の宇宙帝国(ハヤカワ文庫 SF)

望郷の宇宙帝国 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

38話: 望郷の宇宙帝国、クルト・マール著(19巻「望郷の宇宙帝国」)

2017/09/26 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shilvio - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴスル星で奪取したスプリンガーの新造船は、テラニアで改造され全長840m、直径200mの《ガニメード》となった。1984年5月10日、最後の遷移で球状星団M13に入った。ついにクレストとトーラと共にアルコンへ行くのである。前話でグッキーが偵察をしたのが1984年5月25日で、どちらかに翻訳上の誤りがある。
 遷移して現れた場所では、非ヒューマノイドのモトゥナー(アルコンから46光年離れたモトゥン星)とアルコン艦隊の戦闘中であることが分かった。アルコンのコードを送っても応答はなく発砲してきた。またアルコン星系最外縁のさらに外にある“外縁要塞リング”に近づくと、光線砲で攻撃されてしまった。
 アルコンはクレストの呼びかけにやっと応答したが、ツォルトラル家のクレストはすでに捜索リストになく、迎えの船を待つように指示があった。支配者の家柄なのに待てという冷たい反応だった。
 迎えに来たアルコン船には、第5惑星の植民種族ナート人のノヴァールが指導者として載っており、曳舟をされてナート星のナートラル宇宙港へ着陸させられてしまった。着陸後何のアポもないためノヴァールに連絡すると、ナート星の弁務官のアルコン人セルグに確認するよう言われたが、呼びかけても反応はなかった。そこで発進しようとしたが、吸引されていて不可能なことが分かった。曳舟の際、危険を考えなかったのは残念だった。
 深夜にフラグル家のセルグの宮殿に忍び込んだローダン/ブリー/タコ・カクタは、セルグに会い、クレストとトーラが呼ばれた。6年前、銀河系最大のポジトロン脳に支配を交代し、ツォルトラル家は退陣して新皇帝が即位したとのことだった。セルグ達アルコン人の態度はだらけきっていて、ロボットに代わられたのも当たり前だ。
 ローダン/ブリー/タコ・カクタは、吸引フィールド・ジェネレーターを破壊しようとしたが、人工のメンタル・ショックにやられてロボットに《ガニメード》まで運ばれてきた。このインパルスがどんなものなのかあまり理解できなかった。
 いったんアルコンへの入国許可が出ていたが、ローダンの破壊工作未遂で取り消されてしまった。しかしローダンへ期待の気持ちを露わにするトーラに、今後人情劇も期待できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示