サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

不死鳥を倒せ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

不死鳥を倒せ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

奇妙な味わいのスパイ小説

2006/01/13 09:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は1960年代のベルリン。ナチス戦犯追及の激務を終え、帰国しようとしていた英国情報部員のクィラーは、新たな指令を受ける。クィラーは断わろうとするが、ハインリッヒ・ツォッセンがベルリンにいると聞かされて、後には退けなくなる。ツォッセンはナチス親衛隊の将軍だったが、クィラーはその冷血非道な行為を目の当たりにし、それが決して忘れ得ぬトラウマになっていたのだ。クィラーはほどなくして、ネオ・ナチの秘密組織《フェニックス》の存在を突き止めるが…。

短いセンテンスを重ねた、ドライでニヒルな文体が独特。非常に細かい点までみっちり描き込まれているかと思えば、肝心な点が舌足らずで、わかったようなわからないような感がある。特に、結末が唐突すぎるのが難点。

その一方で、鮮烈な印象を残すシーンがいくつかある。たとえば、ツォッセンの行為とその時のセリフ、そしてそれに対するクィラーのトラウマには、忘れ難いインパクトがある。ストーリーは右から左に抜けてしまったとしても、このシーンだけはずっと心に焼き付いているだろう。

以上、何とも奇妙な味わいの物語である。おもしろくない事はないが、普通のスパイ小説を期待すると、大いにとまどう事になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/01 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示