サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 真昼の翳
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

真昼の翳(ハヤカワ・ミステリ文庫)

真昼の翳 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

アンブラー自身のパロディ?

2005/10/24 13:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

アーサー・アブデル・シンプソンは、イギリス・エジプト混血のしがない小悪党。アテネでいかがわしい観光ガイドをしている。ハーパーなる客をカモにしようとするが、どっこい相手が悪かった。逆に弱みを握られ、ある仕事をするよう脅迫される。アテネからイスタンブールまで高級車を回送するという、一見単純な仕事なのだが…。

国家や組織の後ろ盾がない個人が、国際的な陰謀に巻き込まれるのは、アンブラーお得意のパターン…なのだが、本書はかなり雰囲気が違う。地味だがスリリングなスパイ小説というよりは、むしろ軽妙な犯罪小説のような感じなのだ。あるいは本書は、アンブラー自身のパロディなのかもしれない。だが、何となく中途半端で、どっちつかずの印象を受けた。主人公で語り手のシンプソンの屈折した、翳りのあるキャラクターが好きになれなかったのも、話に乗れなかった一因だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示