サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

イワン・デニーソヴィチの一日(岩波文庫)

イワン・デニーソヴィチの一日 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

スターリン時代の獄寒の収容所

2000/09/22 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊藤克 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトル通り、主人公、シューホフ(イワンデニーソヴィチ)の、旧ソビエト連邦時代の(シベリア)収容所での一日を描いた小説である。
「朝5時、いつもの様に起床の鐘が鳴った。」
で始まり、
「一日がすぎた。暗い影のちっともない、さいわいといっていい一日だった。」
で終わるこの小説は、主人公シューホフの3653日に及ぶ収容所生活を、単行本200ページの中にたった一日の出来事として凝縮して書かれたものである(勿論小説である)。
 かつて鉄のカーテン(の中)と言われた旧ソビエト連邦国内の様子が、まるで格子の隙間からかいま見る様に、断片敵に描かれている。旧ソビエト連邦を構成している様々な人種、かっての軍隊将校、でっち上げられたスパイ(一般人)。それらの人達が、一般社会とは異なる収容所独特のルールと、マイナス27度の獄寒の中で作業を行う(マイナス40度以下になって初めて作業免除となる)。
 この作品の中には、細かい収容所内のエピソードが展開されていくが、それらが手につかむことができそうなほど身近に感じるのは、作者自身が収容所体験者であるからなのかも知れない(1970年にノーベル文学賞を受賞したソルジェニーツィンには、7年間の収容所経験がある)。
 旧ソビエト連邦時代に発禁となったこの本は、スターリン体制が完全に過去のものとなった(ソビエト連邦自体が崩壊した)現代にあっても、間違いなく、世界の名作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/24 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示