サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

源氏物語 4(岩波文庫)

源氏物語 4 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

光源氏の退場

2017/02/15 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冒頓単于 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじ
 光源氏は、柏木が女三宮に横恋慕して通じたことを知り、因果に恐れおののいた。女三宮は、真相を知った光源氏の態度に耐えきれず、薫を出産した直後に出家した。更に、紫上の病状が悪化し、遂に亡くなった。光源氏は、自身の行動が紫上を追い詰めていたことを悟り、出家遁世を志した…
 第4冊には、若菜下・柏木・横笛・鈴虫・夕霧・御法・幻・匂宮・紅梅の9帖が収められている。

 柏木帖では、柏木が女三宮に横恋慕して通じたことが光源氏に知られてしまい、あっという間に衰弱し、親友の夕霧に、妻の落葉宮の面倒を見るよう頼んで、死んでいった。この夕霧は、父親と違って生真面目な性格だったが、夕霧帖に入ると、親友の未亡人・落葉宮にのめり込んでいく。そして、雲居雁は怒って実家に帰ってしまった。真面目な人が一旦女性に走ったら手に負えなくなるというのは、今でも云われることだが…
 最大の見どころは、御法帖の紫上の死である。その後光源氏は、最愛の人を亡くした悲しみで、心に穴が空いたような状態になっていった。
 一説によると、幻と匂宮の間に「雲隠」帖があるとされているが、真偽の程は不明である。内容は、光源氏の出家と死を描いたものらしい。
 最後の2帖(匂宮・紅梅)は、光源氏の死後の話で、薫(女三宮の子)と匂宮(今上帝と明石中宮の三宮)が主要な登場人物になる。これ以降は、この2人が活躍する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/22 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示