サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

源氏物語 5(岩波文庫)

源氏物語 5 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

いよいよ宇治十帖へ

2017/01/20 19:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冒頓単于 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじ
 かつて政争に敗れた八宮は、零落して宇治の山荘で隠者同然の生活をしていた。その娘に大君と中君がいた。八宮が寂しく亡くなった後、薫は大君を思慕し、中君と匂宮の仲立ちをしたが、大君は薫を拒絶したまま亡くなってしまう。喪失感に苛まれた薫は、中君も思慕するが、ある日、宇治で大君の面影を持つ女性を見付けた…
 第5冊には、竹河・橋姫・椎本・総角・早蕨・宿木の6帖が収められている。

 竹河帖では、玉鬘のその後が描かれている。橋姫帖以降は、宇治十帖ともいわれ、物語の舞台は京都から宇治へ移る。橋姫帖で薫は、自身の出生の秘密を知ってしまい、動揺した。薫と大君の思惑のすれ違いや、若い頃の光源氏のような匂宮の行動などが描かれ、前半とはまた違った趣の物語である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/22 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示