サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

こぶとり爺さん・かちかち山(岩波文庫)

こぶとり爺さん・かちかち山 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

「いたずら」の垣根を越えた「犯罪」もいっぱい。昔ばなしの大らかさ!

2001/03/07 14:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分のためにも子どものためにも断片的にしか読んだことのない日本昔ばなしを、ちょっとまとめて読んでみるか…と思い、全3巻からなる岩波文庫のシリーズを入手した。これが実に面白い。まさに昔ばなしは、お話の宝庫である。

 昔ばなしの扱いには、専門家の意見がいくつかある。
 以前、子どもの本の仕事をしていたときに、よくその壁にぶつかっていたのだけれど、まず、原話にできるだけ忠実であるべきだという姿勢がある。
 「昔ばなしは、もともと語りにより伝承されてきたのだから、絵本や挿絵つきの童話のような体裁で作ることはけしからん」
 「語りの口調を変えたり、はやし言葉や登場人物の名を置き換えるのも芳しくない。短縮するのもおかしい」
などという声である。しかし、原話を当たろうにも、名もない沢山の民衆によって語り継がれてきたものだけに、本家本元というのが見つかろうはずはない。

 「語り継がれ、語り継いでいくものなのだから、語り手たる私がいくら脚色してもOK!」という考え方も一方にはあるだろう。
 かくて、お話は、より面白く書き換えられ、しかしあんまり残酷なものは幼児相手にはよくないからという配慮で、ソフトにまとめられる状況などが出てくる。
 変化の激しい「日本語」をめぐる議論とよく似ていて興味深い。

 このようなことで、子ども向けの絵本一冊、お話集一冊の仕上がり感が実にまちまちになってくる。よくできた再話もあれば、「これはちょっと」と首をひねりたくなるようなお粗末なものもある。

 原話というニュアンスに近いものがあるとすれば、それがこの岩波文庫シリーズの編者・関敬吾が日本じゅうを旅して村々のお年寄りたちに語ってもらった話を書きとめたものなのであろう。全部で600以上に及ぶ口承物語の中から、選ばれたものが収録されている。

 この第1巻には、日本人の常識といってもいい「こぶとり爺さん」「かちかち山」のほかに、結構知られている「たにし長者」「天降り乙女」「絵姿女房」「天ぶく地ぶく」「「牛方と山姥」「飯くわぬ女」「尻尾の釣」他、40余話が載っている。

 有名な「かちかち山」でもわかる通り、婆さん汁とか、背中の大やけどとか泥船を沈めるなどの表現は残酷で、いたずらを通り越した犯罪がいっぱい。昔の人々の発想のすごさに圧倒されるが、無名な話の中にも、残虐なことをしたい放題、うそをつきまくって稼ぎたい放題なのに「めでたし、めでたし」といったピカレスクものが多く、「ええっ、これで許されちゃうワケ?」と驚かされる。

 小さい頃に触れた昔ばなしとのギャップを楽しんだり、よみがえるなつかしさを堪能するのもいいし、ホラーやクライム・ノベルのつもりで新たな発見をするのも愉快である。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/04 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/04 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示