サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

hontoレビュー

死せる魂 改訳版 中(岩波文庫)

死せる魂 改訳版 中 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

死人の名簿を買う男

2008/01/18 20:29

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桑畑三十郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は1830年代のロシア、パーヴェル・イワーノヴィッチ・チチコフは、死んだ農奴の名簿を買い漁っている。そんなまったく価値のないものに金を出すチチコフを見て、ある人は尊敬し、ある人は疑いの眼差しで見つめ、ある人はだまされているのではと思う。彼はいったい何のために死人の名簿を買い集めたりしているのか? 自分を、たくさんの農奴を所有している金持ちに見せるため? 知事に近づき、彼の美人の娘を誘拐するため? 最近流行性の熱病で農奴がたくさん死んだが、それを探索するため? 彼はスパイか、はたまたナポレオンが変装したものか? いろいろな噂が町に広がった。
  この巻の終盤でやっとその理由が明かされる。私はそれを読んで、株式分割によって株価を吊り上げたライブドア事件を思い起こした。実体のないもので金もうけしようとする姿勢に同じものを感じたのだ。そういえばチチコフの父の教えは「この世では銭さえあれば、どんなことでもできるし、何でもやり遂げることができるのだ。」だった。
  チチコフが死人の名簿を書き写しながら、彼らの人生を想像していく場面は、保坂和志が「小説の誕生」で引用しているように、本書の読みどころのひとつである。
  さあ死人名簿買いとり計画はうまくいくのか。物語は下巻へと続く。
  当初ゴーゴリは、「死せる魂」を三部作にする予定だった。ダンテの神曲にならい、第一部で「悪」を描き、第二部で「悪」の度が弱められ、第三部で「善」を表現しようとした。しかし第二部の途中で未完に終わってしまった。これが予定通り完成していたらどんな小説になっていただろうか。「カラマーゾフの兄弟」に負けず劣らずの大作になったに違いない。特に第二部の冒頭に出てくるテンテートニコフは、今でいうニートのひきこもりであり、彼がこれから小説の中でどういう役割を果すのか気になっていただけに、とても残念だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示