サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

コンピュータ・コネクション

コンピュータ・コネクション みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

空いた口が塞がらない電脳オカルトSF

2007/09/20 09:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは滅茶苦茶な小説だった。おそらくは全編言語遊戯の塊のような文章で書かれていたのではないかと思われ、翻訳でもその凄まじさはある程度察せられるのだが、正直単調な感じもした。こういう小説を翻訳で読むほうが間違っているので、ちょっときちんと評価することは難しいように思う。超未来の地球、不死の人(モールマン)のグループに所属するギグは、天才化学者ゲスを仲間に加えようと狙っていた。ゲスは冥王星への人類移住計画を進めており、ちょうど帰還した実験衛星の飛行士が両性具有の胎児と変身しており、計画は失敗、しかしゲスはそこに秘められた脅威の事実を発見し、そのショックで癲癇を起こして死んでしまう。モールマンは一度死んだ人を生き返らせることによって生まれるので、ギグがゲスを殺したのだった。死体はエレクトロという世界を網の目に繋ぐコンピュータを使って蘇生するが、ゲス博士の脳とエレクトロが一体化してモールマンたちを襲いはじめたのだった。……というお話。ちょっとラファティを思わせるが、さすがにベスターだけあってセンスは妙に都会的で洒落ている。あと、それ以前の作品に比べると女性キャラが数倍自立している。これはこの作品が書かれた1974年には世の中がだいぶん変わったことを反映しているのかもしれない。無茶苦茶さと妙に背景がしっかりした思想性のようなものは共通しているが、ゴーレムのほうが作品としての緊密さは上だと思うが、しかし復刊希望。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示