サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

SAS/ケネディ秘密文書(創元推理文庫)

SAS/ケネディ秘密文書 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

過剰な期待をしなければ

2005/04/14 23:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

プリンス・マルコ・シリーズの1967年の第6作。アメリカの最高機密文書がKGBに盗まれ、マルコが奪回を命じられる。苦闘の末奪回に成功したマルコだが、闘いの本番はそれからだった。問題の文書は、ケネディ暗殺の真相を記した報告書だったのだ。マルコは口封じのため、あろう事かCIAに命を狙われる羽目に…。
紹介文には“シリーズ白眉の傑作”とあるが、それほどとは思わなかった。CIAそのものが敵に回るという、どうにも逃げ場のない一大ピンチの割には、最後の詰めがいまいち甘いような気がするのだ。だが、過剰な期待をせず、スリルとアクションに富んだ物語を楽しむのなら、充分楽しめる。
なお本書を読んで、第11作の「いとしのサブリナ」でマルコをさんざん苦しめた仇敵、ヤーノス・フェレンツィとの因縁がわかり(今回は端役だが、いやらしい悪辣さは相変わらず)、その点では収穫だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示