サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

鳩どもの家(集英社文庫)

鳩どもの家 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

濃密で空虚な時代の讃歌

2001/05/14 10:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校時代や大学時代というものは本当のところ輝かしくもなんともない。ただ、後になって回想したときに全てが眩しく思え、その二度と戻ることのできない広漠とした時代に激しい追憶を感じるだけだ。

 まだ諦めも要領のよさも身についてない不器用な若者。それでいて妙に達観し、人生の何たるかを悟ってしまったかのような頽廃感をまとわりつかせている若者。そんな彼らを理解できなくなってしまったとき、人は「大人」になる。「大人」になれなかった者はアーティストにでもなる以外ない。中上健次は死ぬまで若者のささくれだった魂をくすぶらせていたアーティストであった。

 学生運動華やかかりし頃を舞台背景とした「日本語について」、老成を気取りドラッグに耽る青年を描いた「灰色のコカコーラ」、自らの家庭背景を題材にしたかのような「鳩どもの家」、この3作品からなる本書の濃度はまるでウオッカである。

 アメリカ陸軍の黒人兵と一週間一緒に過ごすというアルバイトを学生統一戦線の運動家に頼まれるという設定は、今でこそおとぎ話にもなるが、あの時代においてはありえないことではなかった。革命幻想を醒めた眼で傍観している主人公だが、その思考は右翼も左翼も知らない現代の「平和」な若者のそれと比べれば格段に生の実感を伴っている。軽く書かれているようでも、読後には梅雨のように沈鬱な影を落とす。

 「日本語をまったく理解できない外国人に出会った時、あなたはいったい日本語をどの単語から教えるのだろうか?」

 この問いは今でも読者ひとりひとりに発し続けられている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/31 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/10 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/19 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/20 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/23 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/01 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/30 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示