サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

宇宙人のしゅくだい(講談社文庫)

宇宙人のしゅくだい みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

童話といえども、小松左京は小松左京だった

2016/02/14 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

その昔この講談社文庫版を買っていたことも忘れて、自分に子どもがいつかは読むようになるのではないかと思って、新たに『宇宙人のしゅくだい(講談社青い鳥文庫40-1)』を買ってしまっていました。どちらも表題作「宇宙人のしゅくだい」をはじめとする童話集ですが、こちらは「おちていた宇宙船」も収められています。このバージョンは結局再刊されていないようですね。
カバー装画やさしえ・カットは、あの九里洋二です。子ども向けと見ることもできなくはないけれど、やはりちょっと違いますね。青い鳥文庫版の方がずっと子ども向けになっています。
「宇宙人のしゅくだい」は、25編の短編童話からなる童話集です。小松左京がこのような童話まで書いていたのが驚きですが、もとは新聞の日曜版に掲載されていたものらしいです。
1つ1つがSFテイストに溢れていて、これを子ども向けにしておくのはもったいないくらいです。まあ、中には〆切が迫って書いたのではないかというような苦し紛れのような話もありましたが、ひょっとするとそれも小松左京のテクニックだったのかもしれません。
特に、「算数のできない子孫たち」「宇宙人のしゅくだい」「地球からきた子」「つゆあけ」「にげていった子」「地球を観てきた人」「未来をのぞく機械」「小さな星の子」といった話は、本当に子ども向けだろうかと思うようなものばかりです。さすが小松左京、と言えます。多くは未来に向けて、もっと人間としての品性を高くしていかないといけないというメッセージが込められているように思えます。
ただし、「にげていった子」だけは、少しテイストの違う話でした。一種のタイムトラベルものと言えなくはないですが、太平洋戦争中の子どもと、現代の子ども(戦時中の子の甥、姪にあたる)たちが交錯する話で、戦争体験のある小松左京の想いが特に込められているようです。
「おちていた宇宙船」は、もともとはこれだけで1冊の本として刊行されていたようです。子ども向けならばこれでも立派に「長編」と言えるかもしれませんが、まあ「中編」童話でしょう。地球人の子どもたちが偶然見つけた宇宙船に乗って、宇宙人の子どもたち(?)と宇宙を飛び回ってしまい、大人の宇宙人に叱られてしまうという話ですが、そこに地球人がなぜ今は宇宙人と交流できないか説明されるくだりがあります。そこが単に面白可笑しい童話で終わらせていない、これまた小松左京の面目躍如といったところでしょうか。
非常にさまざまなジャンルの小説を書いていた小松左京ですが、童話といえども真摯に真正面から書いていたのだということが、今更ながらわかる1冊です。

2013年1月12日記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示