サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ピカソ全集 1 青の時代

ピカソ全集 1 青の時代 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

10代半ばにして完成することの恐ろしさ。

2006/09/18 15:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い子供が描いたわけの分からない絵を見て、「いいのよ、思った通り描けば。」と言い、ピカソの絵を引き合いに出す人がいるが、間違いである。この全集の第1巻だけでも見てほしい。ピカソはすでに7・8歳で写実的な絵が描けるようになっており、10歳で立派なデッサンを描き、中学生になるころには職業画家の父親を超えている。

 幼い子の絵を見て本当にその子に才能があると思ったら、「素晴らしい、まずはデッサンをしっかり身につけなさい。」と言うべきである。芸術の分野に限らず、子どもの意味不明な言動を個性だ・創造性だと持ち上げる人が多いが、真の創造性は基礎基本の習得あってこそだ。基礎基本を習得後、どの方向で創造性を発揮するかが個性だ。ピカソは一つの方向に止まらず、次々と創造性の方向を変えていった希有な画家であり、その人生全体が彼の個性とも言えるのだ。

 キュービズム以降の作品ばかりを見て、ピカソの絵に固定観念を持っている人に、この全集をお薦めします。ピカソがなぜ天才と呼ばれるのかが分かるでしょう。彼の絵を好むかどうかは別問題ですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示