サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

[12/1~12/25] 年末年始福引キャンペーン	~1/13

hontoレビュー

シナリオの基礎技術 新版

シナリオの基礎技術 新版 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

物語作成の教科書

2017/08/18 21:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「どのようにしたら面白い物語が書けるのか?」
 この疑問に悩む方は多いと思う。小説家や作家を志望する方だけではなく、PRやCMの企画など上記の疑問の答えを血眼になって探している人はごまんといる。漠然と「この作品はいい」とか「この作品は面白くない」とかはわかるが、いざ作るとなるとわからなくなる。
 その疑問を解消する書籍が本書である。本書は映画や演劇など「見せる」芸術のシナリオを扱った書籍だが、小説など物語のプロットを考える際にも役立つ。
 本書は、物語構成の基礎知識を体系的に学べる数少ない本だといっていい。様々な章で細かい技術や悪例なども紹介されており、解説がわかりやすく具体的であるので非常に実践的でもある。
 本書に貫徹している主張はいくつかあるが、「テーマをしっかりさせろ」「筋を通せ」「情緒を描け」というこの三つは特に重要であり、かつ現在の日本芸術に欠けているところだと言ってもいい。主張自体は普通であるが、その普通が蔑ろにされているからこそ「面白くない」作品にあふれているのである。
 プロが最も重視するのは基礎である。基礎があるからこそ創造性や個性を生かすことができる。
 書くことにも基礎・基本は存在する。様々な物語にあふれる現代だからこそ、もう一度原点に立ち戻るべきではないのか。そんなことを思わせられる書籍であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/15 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/15 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/21 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/04 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/20 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/21 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/08 04:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。