サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

静寂の余韻

2002/07/07 00:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんじゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある日、まだ小さかった「わたし」と弟のところへ、小さな赤い目をしたドラゴンがやってきました。
ドラゴンは、ぶた小屋のなかで、生まれたばかりの子ぶたたちの間にちょこんと立っていました…。

かあさんぶたにかみついたり、えさばこの中におっこちたりとやんちゃなドラゴン。小さいけど、とても気が強くて、きょうだいにもかわいがられるドラゴンの様子がいとおしく描かれます。でも、そんな幸福な日々にも、別れの時がやってきます。それは、はじめから決められた運命のように、静かに確実にやってくるのです。幼いきょうだいたちにとっては、幸せな日々に終わりが来ることなど想像することもなかったのに。でも、ドラゴンの、その小さな胸のなかにははっきりとその日がくることが分かっていました。
そして、秋のとてもきれいな夕焼けのなかを、ドラゴンは、空に飛び立っていきました。澄み切った美しい声で、歌いながら…。
幼い時代を一緒に過ごした愛しいものとの別れ。それは、大人になることでいつかやってくる幼い幸福な時代との別れのせつなさを呼び覚まします。ドラゴンの流した別れの涙は、せつなくて悲しいけど、ドラゴンは、迷うことなく、誇り高く飛び立っていきます。その姿はとても幸せそうでした。静かな深い余韻を残す童話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/02 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/01 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/19 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/12 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/19 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/23 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示