サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

テーマはめちゃめちゃ重い。

2009/11/14 01:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 週刊文春のミステリランキングが、やや権威化し、少し読者層との認識が乖離していると
いうアンチテーゼから生まれた「このミステリーがすごい!」の、
第一回の海外部門のランキング1位が、何を隠そう、本書「夢果つる街」でした。
 第一回からして、殺伐とした極北って感じもしますが、、、。
(ちなみに、国内は船戸与一の「伝説なき地」です。)

 カナダ、モントリオールの移民街、ザ・メインが、舞台です。英語圏とフランス語圏の
中間に位置し、まさに"吹き溜まり"といった感のあるスラムです。
表題の通り、ある意味、この街が主人公です。
 この街を取り仕切る刑事ラポワント。
彼は、注射の跡から、薬物中毒なのか、売血の跡なのか、見分けるほどの
凄腕刑事です。
 そしてこの街でおこった一件の(それこそありふれた)殺人事件をあつかっています。

そして作家についても、、
 本書、勿論私が手にした本の版でも第何十刷のベストセラーなんですが、
解説がなぜか二つついていました。
 その解説の書き出しが、両方とも、トレヴェニアンは不思議な作家、、、
と書いてあり、一瞬製本ミスかとさえ思いました。
二人がいうのだから間違いありません。
 トレヴェニアンは、マジで変わっています。一作づつ作風が殆ど違い捉えどころがありません。
しかし、あえて分けて紹介するなら、本書は、わりと設定ありきで、2004年当りに出た
「ワイオミングの惨劇」に近いかもです。
 これも、ウェスタン小説ということで、またもや作風を変えたと評判でしたが、
実は、鉱山だかなんかの近くの肉体労働者町という町がある意味もう一つの主人公の作品でした。
 で、実は、ウェスタン小説としても、すかしまくったオフビート作品。
(やっぱりとらえどころがない)
で、読めていないけど、プロット重視の「アイガー・サンクション」系にたいして設定重視系の部類に入るかと思います。

 で、すかしまくったオフビートという意味では、
こちらもそうでして、英語圏とフランス語圏の間という設定ですが、
上司の名前なんかみてもそうなのですが、主人公がフランス系であるの対して、
支配者というか、マジョリティはやっぱり英語圏という設定です。
この辺も、文化描写も含めて英語圏の実ミステリを読みなれた私たちには、
少し違和感があり変わっています。

 で、本書、ミステリとしてどうかというところですが、
ミステリとしてすごいというより、小説としてすごいといったかんじでしょうか?
 ネタバレになってしまうので、書けないのが、辛いところですが、
小説のテーマもミステリの犯人当ても、同じテーマで書かれていまして、
この吹き溜まりの街ザ・メインという犯罪多発地区、
それこそ罪を犯すという意味に対し鈍くなっているような街で
罪を犯すとは、どういうことなのか、をメインテーマに持ってきています。
この辺が、読みどころです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いぶし銀の警察小説

2001/08/28 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この小説の主人公は二人(一人と一つ)いる。
 一人はモントリオール市警の刑事ラポワント警部補。50歳代で、妻を若くして亡くしてその後は独身、動脈瘤という爆弾をかかえながらも、相棒のガットマン刑事と捜査に歩く。このガットマンは新人で進歩的な考えを持った若者、ラポワントは何かにつけて反発を覚えるが、一方では自分の年齢を思いため息をつく。このため息がとても印象的で、男の誇り・哀しみ・あきらめがこもっていて読者の胸を打つ。
 もう一つの主人公は、ラポワントが担当するモントリオールの一地区「ザ・メイン」。この夢の破れた者たちが集まる吹き溜りの街の様子・自然・暮らす人々を細かなところまで丁寧に描いていて、これまた印象的。
 この灰色の街・夢果つる街ザ・メインでおこった殺人事件を、おさえられた筆致で淡々と描いていく、一見地味だがいぶし銀といった感じの警察小説の傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

街を知り尽くす警部補の地道な闘い

2000/10/21 06:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カナダ、モントリオールのフランス語圏地区と英語圏地区の境目の街。移民達がたくさん住むことによって複数の文化が融合した街、あまりに貧しいため、マフィアさえよりつかず、そのため、小さな犯罪が続発するような街。その街で、本来なら、犯罪の種類によって担当が別れているのだが、この街におきるすべての犯罪を担当するようになった警部補ラポワントが主人公。31年も勤務している。たった1年の結婚生活ののち、妻をなくした。楽しみは、神父や悪友たちとのトランプ。トランプをやりながら、犯罪と罪悪の違いというような論争をする。この物語、淡々と地道な捜査が続いていくのだが、実はこの論争が、重大な伏線となっている。
 そんななかでおこる一つの殺人。捜査のために、新人の大卒の警察官が合流する。当然、ラポワントの乱暴な捜査のやりかたに反発するが、しだいしだいにラポワントと気持ちがあっていくようになる。このあたりの描写はうまい。また、同時期に、若い足の悪い売春婦をラポワントは家に連れ帰り、なぜだか、いっしょに暮らすようになる。この話は事件とは無関係なのだが、ラポワントの性格を微妙に描いている。
 サスペンスはまったくない。犯人につながる捜査上の発見もほとんど偶然と言っていいものから、繋がっていく。にもかかわらず、後半以降はいっきに読める。人間模様の描写が素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/28 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/20 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/20 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/08 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/26 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/20 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/09 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/14 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/06 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/03 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/13 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示