サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

猫魔岳伝奇

猫魔岳伝奇 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

にゃんにゃん伝奇

2011/12/21 00:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「猫魔岳伝奇」ですよ、えっ、えっ。猫、魔、岳。
どこにあるんでしょう。凄い秘密が隠されてるんでしょうね。
時は江戸時代、犬公方と呼ばれた将軍綱吉の世。生類憐れみの令の御威光で犬や猫はうっかりすると人間以上に大事にされ、野良犬、野良猫のための巨大な収容施設まである。そのご時世に一匹の大きなむく犬が女の首を加えて浅草寺を疾駆する。冒頭から異様な展開。庶民には手を出すことも出来ず、ただ不気味なだけ。首は誰のものか、むく犬はどこから来たのか。
謎は謎を呼び、古き時代より山奥に隠れ住んでいた、猫一族の恐ろしい陰謀が徐々に明らかになる。猫一族。人間ですけどね。猫使いみたいな感じ? 幕府の腐敗につけ込んで代々の念願を果たそうと、乾坤一擲の勝負に打って出る彼らに未来はあるのか。
ストーリーもいいけど、陥れられた旗本が一族の手先と決死の対峙をしている横で猫がゴロニャアと転がっていたり飛び跳ねてたり、妖艶な女が誘惑がしてくるところでヒゲをいじっていたり、天下転覆の密談の横でむく犬がのそのそしていたり、そんな絵ですよ。
一族の陰謀に加担するのか、武士としての名誉を守り続けるべきか、天下を揺るがす決断を迫られながら、猫の交尾が脳裏にちらついてしまう。伝説の猫魔岳の里には無数の猫が人々と暮らしていて、敵の侵略があると猫達がフギャアといって襲いかかるのです。
ああ、猫魔岳。
この名前を冠しただけで、もう降参です。一生ついていきます。
猫魔「茸」じゃなくてよかった。
ペルシャ猫か、化け猫か、とにかく猫だらけ。
一度は行きたい猫魔岳。
人間どもの果てない欲望の供物にされるニャンコ達の運命やいかに。

早乙女貢の代表作は公式的には「会津士魂」、しかし一般ファンにとっては妖艶な忍者小説、剣豪小説のイメージが強いだろう。そのエンターテイメント路線として、本書のような伝奇小説も何作かある。軽快で艶っぽい展開だが、歴史の流れに押し潰されていく人々の悲哀も、強く意識されているのが作者らしさかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示