サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

修善寺物語・正雪の二代目 他四篇(岩波文庫)

修善寺物語・正雪の二代目 他四篇 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

幽玄の味わいの戯曲集

2009/05/06 22:52

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

岡本綺堂は一般には「半七捕物帳」や怪奇小説などが知られていると思うが、歌舞伎通であったとともにその脚本、つまり明治時代の新歌舞伎の作者という面も持っている。当時の人気役者二代目市川佐團次のお家芸「杏花戯曲十種」のうち6作が綺堂作品だったというから、たいへんなものだ。その戯曲のうち代表作「修禅寺物語」などを集めたのが本書で、実にのびのびと、磊落な書き振りで、とにかく歌舞伎好きだったらしいのが現れているように感じられる。
「修禅寺物語」は将軍源頼家に能面作りを命じられた名人、しかし頼家が北条氏に討たれる運命にあるのは周知の歴史。その破滅の跫と面作師の狂気にも近い意地が混交して、妖しい雰囲気を纏って場は進む。
「箕輪の心中」題の通りに、だめな侍と花魁の心中もの。結末は心中と分かっているのだけど、来るぞ来るぞと思いながらどんどん期待が高まってきて、知らないうちに目の前に花びらと艶やかな着物の裾が舞うかのような巧妙な展開に、深い溜め息を吐き出してしまう。
「佐々木高綱」は源頼朝に冷遇された高綱の出家の場面とその心境を綴ったもの。
「能因法師」は平安期の歌人同士の見栄の張り合いを面白おかしく描いたもの、「俳諧師」も芭蕉の弟子という貧乏俳人の心境もので、ただ笑えるというだけでなく、そのおかしみが作中に詠まれる短歌や俳句に託された心情と共鳴する展開は、実に心憎いばかり。
「正雪の二代目」は、攘夷を謳って由比正雪二代目と称される男の挙動の滑稽さ。ある種の狂言廻しのような人間を中心にして、悪党のように見せながら次第に哀感が滲み出て、いつのまにか情けなくも憎めない人間に見えてきてしまう手際が鮮やか。
こうして見ると、美男美女やヒーローにはなりえないような人々の物語が多いようだ。彼らの放った一瞬の輝きや、職人芸や信条への誇り、それゆえに生まれる哀しさなどを、悠々とした筆致で書いている。それぞれ時を越えて人々の生き方に光を当てて、頼家や高綱などの有名人が登場するものは、それなりの重みとともに視点の新しさがあり、市井の無名人には奔放なドラマが用意されている。これを舞台で観ると、さらに劇的に感動してしまうのかもしれないが、活字で恬淡として味わうのもまたよしと思う。
(2008年復刊時の書名は「修禅寺物語・正雪の二代目 他四編」)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/02 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/26 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示