サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

絵のない絵本 改版(新潮文庫)

絵のない絵本 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー153件

みんなの評価3.8

評価内訳

153 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

心は見る

2001/03/05 07:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kyowya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「さぁ、絵にしてごらん」雲のない夜、月は貧しい書生に語る。草原を、海を、今は亡き街を。命を謳う少女を、破れた恋に嗤う男を。愛しく、哀しく、美しい物語を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい絵画詩・詩が好きな人にはオススメ

2001/08/31 00:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メッセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 月が画家に色々な話しをし、それを画家が絵にしていくという話しの小説。短編集のような感じで色々な話がオムニバス形式で収められており、そのひとつひとつが様々な情景を思い起こさせる。全部で33の話しがある。私は、中でも子供に兄弟ができる日の話が好きです。「詩を読みたいけどちょっと…」という人にはお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あまり分からないが・・・

2002/07/27 19:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MFTR - この投稿者のレビュー一覧を見る

アンデルセンによる30数編の短編集。月に物語を語らせるという形式の情景描写を集めた作品で、こういう作品を「絵画詩」というらしい。確かに、描かれた情景をそのまま映像にしてみようと頭を使えば、なんとなくロマンチックというか幻想的な気分がしてくる。とはいえ、その意味するところは、と考えれば、あまり理解できなかった。そもそも、こういう作品はあまり考えて読むのではなく、感じながら読むべき本なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人に捧げる絵本

2002/12/18 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:葉月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「絵のない絵本」
なんとも上手いタイトルをつけたものだ。
まずそのことに感心する。
題が指し示す通り、これは文字によって描かれた絵本である。

“蓮の花が流れる水の上に休らうように、ふるえながら花婿の胸に頭をもたれさせ”る花嫁。

この一文だけで、花嫁の恥じらい、喜び、美しさ、そんなものが伝わってくる。
無駄を省いた短い文章の中にも、その情景を詩情豊かに色彩濃く描いており、まるで妖精の紡ぐ子守唄を聴いているような、タッチ柔らかな幻想画を見つめているような、そんな感懐を抱かせる。
物語を愛する人ならば、誰しもが空想の海に遊ぶ心地よさを知っている。
この本は、その手伝いをしているに過ぎない。
寝具にゆったりと体を横たえ、一日に一夜ずつ、夢の海にたゆたう己を実感しながら、言葉一つ一つを味わいながら読む。
それがわたしのお勧めする、この本の楽しみ方だ。
忙しい毎日に疲れた大人たちにとって、それは一日でもっとも贅沢な時間になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読む度画が頭に構築されて行く

2004/09/24 20:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美以仁 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は小学生の時にも一度よんだことがあるのですが、その時はただの童話短編集というような印象しか受けませんでした。あれからおよそ10年経ってみて改めてじっくり読んでみたら、1つ1つの物語に深く感銘を受けました。1編2〜3ページと短い物ですが、どの話にも現代社会に疲れた我々の心の奥深くに訴えかけて来る神秘性を持っています。
私は語り手の月にキャラクター的な要素を加えず、世界の現実を客観的に映し出す鏡のような存在として描かれていることこそが、この物語を「大人の童話」と言わしめる所以だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/09 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/22 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/05 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/10 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/08 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/02 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/25 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/31 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

153 件中 1 件~ 15 件を表示