サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

スピレーン選集 6 私は狙われている

スピレーン選集 6 私は狙われている みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

創元推理文庫版のほうが読みやすいですよ

2007/11/09 21:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある男に手紙を届けてくれるよう頼まれた主人公のジョー。この手紙を託した男が有名な殺し屋ヴェダーだったことから一騒動が持ちあがる。何しろこのヴェダー、顔を一目でも見た人間は必ず殺してしまうので、人相・体格などすべてが謎のまま。警察のほかにヴェダーに恨みを持つギャング団二組にまで跡をつけ回されるジョー。だが、ジョーも一旗上げようと野心を持っていた。尾行者をまいて、独自の行動をとりはじめる。

中編なのだが、スピレーンの持ち味である暴力と性は健在。さらに謎の殺し屋ヴェダーの正体への興味で物語が進んでいく。ただ、この正体はそれほど意外でもなく、もう一ひねりほしかった。
この表題作の中編よりも、いっしょに収められた短編「垣の向うの女」のほうが自分の好みにあっていた。恋人を寝取られた男の復讐の話しなのだが、この復讐の方法が、拳銃片手に殴り込み、のような暴力的な方法でなく、一風変わった手段で復讐を成し遂げる。暴力も性もなく、スピレーンらしくないといえばらしくないのですが、よくできた短編です。

ちなみに本書収録の2作は、創元推理文庫で2冊出ている「スピレーン傑作集」に、それぞれ「狙われた男」、「高嶺の花」という邦題で載っています。創元推理文庫版のほうが、値段も安いだろうし、簡単に手に入る上に、訳文も読みやすい。知らないで買ったのは失敗とまでは言わないけど、ちょっと悔しい。こういう、同じ作品で邦題が違う、っていうのに困らせられたことありませんか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示