サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

N・P

N・P みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.8

評価内訳

26 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

謎だらけ。

2001/09/30 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タキレイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最初は「N・P」って何だよ!? と思ったけれど、読み進んで行くうちに解けて行く謎の一つ一つが切なくて、寂しくて…。でも最後は絶対どんな形でも幸せになってくれるところが彼女の作品の良いところだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二度・三度と読むうちに…

2002/04/30 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて「N・P」を読んだときは少しショックでした。
それまでの吉本ばなな作品のように、読んだ後にすぐに心に響いてくるような、は〜っと(良い意味での)溜息をつきたくなるような、そんな読後感がなかったから。
でも、そのまま捨ててしまうには、何か惜しいような気がして、それから何度か読み返しました。

冴えない日本人作家がアメリカで書いた「N・P」という小説。小説の日本語訳にかかわった人が三人も自殺している呪われた本。

「N・P」というタイトルが、私の中にも刻み込まれて、本棚に戻してはまた読むということをくり返してしまいました。
すると、これが、読むたびに、じわりじわりと吉本さんの言葉が染み込んでくるから不思議です(一度で読み取れない私の読書力不足かもしれませんが)。
作中の「N・P」のように妖しい魅力があるのかなんなのか、私がずっと手放せないでいる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 03:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/29 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/22 03:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/25 02:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/02 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/16 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/18 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/21 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/12 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/24 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/05 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

26 件中 1 件~ 15 件を表示