サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

hontoレビュー

連環記 他一篇(岩波文庫)

連環記 他一篇 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

あちら側の連環

2011/02/21 22:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

え、え、次から次へと目が廻ります。慶滋保胤(かものやすたね)から入ります。陰陽師の家系だが、文に優れた人であったという。文を作れるということは、思想や感情といった形の無いものを世に現す技術であるゆえに、珍重されたと思しい。しかるに彼を「純情で押し切る」人だったと評する。いずれ世間からは面倒くさがられるようになると言ってるわけだ。あはは、キツイなあ。
この保胤が出家して寂心となり、三河で大江定基のところに身を寄せる。この定基の愛人と妻の確執がすごいことになる。仲裁に入ったのが友人の大江匡衡とその妻赤染右衛門。特に赤染右衛門が讃じられるが、この人の振る舞い、素敵さは痛快である。一方定基の妻は去り、しかしそのうちに愛人は病死する。定基は死体を葬むるに忍びずに添い寝していたが、幾日かして「口を吸いたりけるに、あさましき香の口より出来たる」ということになって、そこでさすがに常識が働くことになったという。脳がしびれるような話なのだが、そこをさらさらと書き流す達観もまたぐっと来る。
定基は世を捨て、寂心の元でこれも入道寂照となる。そして色々のいきさつがあって宋に渡る。そこで丁謂という人に知古となり、詩を送り合ったりする。丁謂は天香伝なる書物で、史上初めて香について論じた人であるという。
まさに生々流転であるが、それも様々な文献に精通したからこそ、連環として捉えることができたのだろう。ただ一貫して権力や富といったものからは遠い話で、露伴のアンテナはそういう方向に敏感に反応するらしい。それも雲の上を歩くような、浮世離れした人々がここでは掘り下げられる。
もう一編の「プラクリチ」は、一転して、釈迦の弟子アーナンダに恋した少女の物語だ。むろん相手は僧であるから結ばれることはない。尼僧となって寺で仕えるのだ。低いカーストで、女で、多くの人々の思惑が交錯する釈迦の周囲で、それは簡単なことではない。だが釈迦やアーナンダは波紋の大きさをものともせず、そうやってプラクリチを救い、愛おしむのだ。その情を見いだしたのも、また露伴ならではだろうか。後難も顧みずに目の前の小さな苦しみを救う行為に、なにかしら仏教の根源らしきものも感じられる。
保胤やその連環の人々にしても、情に忠実なあまり世の主流からは外れていく感もある。「魔法修行者」などでもそうだが、彼らにはその幽玄こそが紛れも無く確固たる現実であることを、傍流として片付けずに、露伴がそちら側の視点からすくいあげているという様相である。そういう、向こう側にいる人々の連環は、もちろん現代でも続いていることに思いを馳せる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/17 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示