サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

われも恋う

われも恋う みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

花屋は恋のスクランブル?

2002/03/18 14:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:穂高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は名古屋の花屋さん(だからセリフが名古屋弁)。「花屋は恋のスクランブル」って感じのこっぱずかしいけど初々しい話。前半は花屋に訪れる客の恋、後半は花屋でバイトをする主人公とその彼女の恋の行方。クリスマスの晩に主人公の徹君が彼女の家にポインセチアを持って駆けていくという出来過ぎた設定でクライマックスを迎えたかと思いきや、その後のなんとも煮え切らない二人にいらいらさせられる。クリスマスの話だけはその彼女の一人称だけれども、他は徹君が主人公。個人的には第二話「桔梗のかなしみ」がよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/09 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示