サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

陸軍の異端児石原莞爾 東条英機と反目した奇才の生涯

陸軍の異端児石原莞爾 東条英機と反目した奇才の生涯 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

満州国を建設した陸軍軍人石原莞爾の生涯

2003/02/09 21:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 事件を自分で引き起し,関東軍を暴走させ,満州国を建設した張本人でありながら,極東裁判に裁かれることもなかった,ということぐらいは知っていたのだが,その背反する事実がどうにも結びつかず不思議な存在であった.本書によって,その生涯を通して読み,やっと事情を知ることができた.

 「このままだと,日支間の紛争は,いつまでも続くだろう.しかし権益にこだわり,紛争に明け暮れるより,日支双方が小異を捨てて合同し,手を握る,…満州は法的に解釈すれば支那の領土かもしれないが,現実をみれば諸民族共同の土地であることは一目瞭然…この機会に独立国をつくり,日本は権益のすべてを独立国に返還,各民族協和のうちに日満支が強力して進むべきである.一言で言うならこれが東亜大国である」.結局は,緩衝地帯にしようという目論見は見え見えではあるし,その手段は容認できるものではないが,決して日本の配下にしようというのではなく,独立国にしようという明確な意図はあった.むろん日本の権益のためではない.国の運営に関東軍が関与することさえ行ってはならないと考えていた.しかし,石原は事が成ると,その手段の点から自ら辞職願を提出した.むろん,受け入れられることなく,進級し,内地に帰還する.そして,石原のいない間に,満州の運営は関東軍と軍閥の手によって,「五族共和」「王道楽土」は曲げられていく.

 その後は当然のことながら,東條との衝突を経て,太平洋戦争開始前の予備役編入へつながっていく.

 石原のいくつものエピソードが語られる.「兵は神なり」という考えを心の底から持ち,兵から慕われる存在だったようだ.また,石原の自分が太平洋戦争を遂行したらこう戦う,という考え方も述べられている.なるほどと思わせる面もある.しかし,これだけの人物でも何事もなし得なかったといえる.一人の天才が世の中を動かしうるほどには軍は小さくなかったということか.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/08 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/02 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/29 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示