サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

hontoレビュー

ソドム百二十日(河出文庫)

ソドム百二十日 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.1

評価内訳

24 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

サディズムの文学

2002/02/28 00:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パルテナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サディズムの語源となったサドの代表作。人里はなれた陸の孤島の城館で、120日間に及ぶ乱交饗宴を、淡々と綴っている。人間の中にある、ドロドロとした闇の部分を暴き出すような作品で、時として、あまりの強烈さに震えすらおこってしまった。この文庫版は「ソドムの120日」から、序章の部分を訳してある。また、同時収録されている「悲惨物語」は、近親相姦による家族の悲劇を、物語りの中心としていて、反母権を唱えている作品だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

視点を変えてみることによって逆転する小説

2002/07/30 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:影山 師史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この『ソドム百二十日』は、一見すれば同様なことを手を換え品を換えて、ただ繰り返すような構造を持っているが、それをそのまま快楽をむさぼる人間の姿を描いた小説として読んだのでは非常に退屈な小説になってしまうと思う。なぜ、それを行うのか、なぜそれで快楽が得られるのか等とその内容に関してその文の裏側にあるものを読みとることによって私にとってこの退屈な繰り返しは、意味を持ってきて面白くなってくるのである。その文の裏側にあるものとは代表的なキリスト教的道徳であり、読み替えるならば、この不道徳な小説と言われている本書も道徳小説になってしまうのである。
こういったサド理解は一般的なものはないと思うが、私は、サド候はどこかに重すぎるほどの道徳的な部分を持っていたのではないかと思うのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/08 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/04 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/18 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/04 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/12 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/13 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/07 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/12 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/16 03:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/29 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/14 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/16 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/03 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

24 件中 1 件~ 15 件を表示