サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

人参倶楽部

人参倶楽部 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

最高の連作小説

2001/12/04 17:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Eni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 登場人物が繋がっていく、と云う形式の連作小説は数あるけれど、この作品はその最高峰と云えるだろう。
 物語は『人参倶楽部』のオーナー兼マスターの〈いさむ〉と客たちの間で繰り広げられる。〈いさむ〉は結婚していて子供もいるが女にだらしなく、常に客を含む不特定多数の女性と関係を持っていた———。
 作者の小説の上手さには定評があるが、この作品も本文が手紙の形式で綴られる『元気です』や、女性視点の一人称語りの『あの人』『夜のうちに』など様々な表現技法に満ちている。また、『恋を数えて』の主人公のその後と見られる箇所があったり、作者の短編ではお馴染みの小説家と洋服屋のコンビが『人参倶楽部』の常連客だったりと、佐藤正午氏の作品を知っている人には楽しい繋がりが多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示