サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

危険な童話(新潮文庫)

危険な童話 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

妖しい恐怖を御堪能あれ。

2000/08/16 00:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コウちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

阿刀田高の得意分野ともいえる、誰でも遭遇しそうな日常に潜む恐怖を綴った短編集。
全作品に共通する不思議な(妖しい)雰囲気のなかで、いつのまにか最後まで読んでしまいます。

『茜色の空』は、茜色の夕焼けの下で交わした幼い頃の無邪気で純粋な約束を大人になっても実行しようとする、「邪魔な女房のいる会社社長」と「金に困っている医者」の話。何かなつかしくて、いかにもありそうです。
『夜の散歩人』は、同じイニシャルの人が殺される話。犯人の動機のアイデアが秀逸です。
過去に好きだった女性との思いで場所を訪れた男の話の『涼しい眼』は、何か物悲しさを感じる一遍。
『法則のある死体達』は、文字通り、ある法則に従って死体を見てしまい「次は…」と考えてしまう不条理な怖さがあります。
現実と幻想の境目を超える一瞬の怖さを描く『戻り道』。
『女に向かない仕事』は既婚者なら、よりいっそうの恐怖を感じるでしょう。
独身者には『窓の灯』がお勧めです。
最後の数行で怖さを想像させる『越前みやげ』。
『蛇』は独身サラリーマンには身近な恐怖でしょう。
そして、タイトルにもなっている『危険な童話』。ふとした瞬間に起こる狂気や殺気。読んで「ドキッ!!」とする方も結構多いのではないでしょうか?

個々の作品が趣向の違った恐怖を感じさせてくれるのはもちろんですが、最後まで読み終わると、それらが交じり合った妖しい恐怖を身近に感じさせられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/02 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/16 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/10 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/03 02:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/18 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示