サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ゼロの罠
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ゼロの罠(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ゼロの罠 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

極寒の地の人質と熱い情熱について

2002/11/01 16:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 極限状況に置ける、物静かな男の物語というと、私はつい、ディック・フランシスを思い浮かべてしまう。だが、この物語の主人公は落ち着いた寡黙な男だけれど、馬には何も関係ない。平凡な天文学者スキナー。彼は、ハイジャックされた飛行機の9人の人質の一人だ。彼らが連れてこられたのは、極寒の地の一軒家。寒さが彼らの行動を阻む。けれども、スキナーはここから逃げ出す術を少しずつ探り出していく。犯人たちが出す強迫状の写真の中に暗号を滑り込ませ、星の位置からなんとか自分たちのいる場所を探り出そうとする。やがて、暖房が壊れ、火事が起き、どんどんと寒さによって追いつめられていく彼らの中に、更に殺人者がいることが分かっていく。
 この息もつかせぬサスペンスのなかで、静かに燃え上がっていくローラの恋が見逃せない。現実の自分を押し殺して生きてきた彼女が、詩を書く自分、生身の男としてのスキナーを愛する自分を見出していく。死を目前にして、寒さから身を守り、何とかして食べて生きようとする最中に見つけた恋は、北極の雪を溶かして燃え上がったりはしないけれど、彼女の強さを確かな物にしていく。これこそ、まさしくポーラ・ゴズリングらしい味わいが広がり満足感が得られる大事な要素なのだ。
 物語は二重三重に展開していき、多彩な登場人物の人間性が描かれていく。無口な男の物語は、得てして独りよがりになったり、孤独な満足感で終わる物だけれど、ポーラ・ゴズリングは静かに彼の人間性を開いてみせる。デイック・フランシスが描くヒーローほど格好は良くないが、ローラの視線で熱く彼を見つめて物語を楽しんでいこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示