サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

五番目のサリー

五番目のサリー みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

多重人格を克服したサリーのお話。

2004/01/19 01:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず吉。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめて多重人格という言葉を耳にしたのはこの本の著者ダニエル・
キイスが「24人のビリー・ミリガン」という本を出したときだけど、
多重という言葉と人格という言葉は分かるけれど、二つ繋がって多重
人格…。正直に言って「なんじゃそりゃ!?」と思ったのを憶え
ている。

まず、この本を手にとって「分厚いほんだなぁ」と気後れしてしまった。
手に入れてから大分経ってやっと決意して読みはじめたのだけれど、
月並みな言い方だけど、読みはじめたら止まらなくなってしまった。

この本の主人公サリーはまじめで周りのいろいろなものを怖がっている
女性で、急に記憶が途切れてしまうのが悩みの種。それもそのはず、
彼女の中には総勢5人の人格がとっかえひっかえ時間の取り合いをして
いるのだから。踊りと歌がうまい人格、優しくてほがらかな人格、学問
に秀でて芸術に傾倒する人格、怒りを表現する人格、そしてメインのサリー。
サリー以外の人格は他の人格がいる事を知っているけれど、サリーだけ
は、何故記憶がなくなるのかわからない。そんな彼女が精神科医に助けを
求めだんだんと人格を統合していく過程がとても興味深い。

誰でもいろいろな顔を持っているし、人によって使い分けていたり
すると思う。幼児期に遭遇したさまざまな困難を、自分の中に他の
人格を作り上げて切り抜けたサリーと、様々な顔を用途によって使い
わける人々。どこがどう違ってしまったのだろうか。

巻末の解説を書いている栗本薫さんの「私は多重人格である」という
告白にもちょっと驚いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/05 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/07 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/27 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/27 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/05 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/17 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/29 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/16 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/17 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/03 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/05 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/14 04:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/28 05:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

18 件中 1 件~ 15 件を表示