サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

hontoレビュー

タイム・マシン 他九篇(岩波文庫)

タイム・マシン 他九篇 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

未来は明るいか?

2001/03/31 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポンさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイムマシンが実在したら、と誰もが一度は空想に耽ったことはあるはず。理論的には可能らしいから、いずれその夢は実現するし、未来は確実に身近なものとなるだろう。でも、『タイム・マシン』を読んでからは、そんな空想は短絡的にすぎないことを痛感するようになった。
 このSF小説で描かれる未来は、文明が発展し尽くした先にやってくるアンチユートピアの世界だ。モーロックという地下に潜む恐ろしい生物が登場し、地上人エロイはなすすべを持たない。楽観的に未来を描くことなどできない、世界は終末に向かって滅びるに違いない、という悲観的な主張が、作家ウエルズのメッセージであろう。
 「文明の増大は愚かさの増大にすぎず、やがて反動的に人類を破滅させるだろうと彼は言うのだ。そうだとすれば、私たちはそうでないふりをして生きて行くしかない」という小説内の言葉は、現代文明に翳りが射し始めた21世紀に生きる我々の心にも、切実に響くものとなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/29 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/27 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/15 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/17 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/13 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/06 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/06 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/04 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

19 件中 1 件~ 15 件を表示